お客様のブラウジング体験を最適化するために、当社はCookieを使っています。あなたはこのサイトを閲覧するときのCookieの使用に同意します。
Cookieとあなたの個人情報の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧下さい。
同意します
inner_banner_support
サポート
ドキュメンテーション・データベース
IP
PCN
戻る
GOWIN I3C SDR

I3Cは、MIPI Alliance Sensor Working Groupによって開発された、新世代の2線式シリアルバスインターフェースで、モバイルおよび組み込み市場の業界全体のセンサチップメーカー、IP企業、およびトップレベルのODMによって共同開発されています。I3Cは、モバイル、エンベデッドシステム、およびIoTアプリケーションのための基本的なインターフェースになることを目標としています。これは、以前のI2Cスタンダードの拡張であり、下位互換性があります。MIPI AllianceのメンバーであるGOWINセミコンダクターは、MIPI AllianceのI3Cスタンダードに完全に準拠したGWI3C IPソリューションを提供しています。IPをI3Cマスターまたはスレーブとして動的に構成することができます。GW1NファミリーFPGA内に実装されると、MIPI Alliance SWG I3CおよびI2Cスタンダードに準拠した他のデバイスとシームレスに通信できるようになります。

Self Photos / Files - I3C Block Diagram

I3Cの典型的なアプリケーション

  • モーションセンシング(ジャイロ、加速度計)
  • 環境知覚センシング(音、光、温度、湿度)
  • バイオニクスセンシング(指紋、心拍数モニタリング、呼吸数)
  • 通信(NFC、IrDA)

 

GWI3Cの基本特徴

  • 実現可能でプログラマブル:広範囲のデータ伝送レートを達成できるように、データとクロックのデューティサイクルの調整を高精度でサポート
  • 静的アドレスをサポート
  • 動的アドレスをサポート
  • I3Cアドレスアービトレーションをサポート
  • シングル・データレート(SDR)

 

GWI3Cの高度な特徴

  • ホットソケットをサポート
  • ホットソケット時の動的アドレスをサポート
  • スレーブがセカンダリーマスターを要求することをサポート(SDRのみ)
  • 帯域内割り込みをサポート
  • 共通コマンドコード(CCC)をサポート

 

GW13Cの伝送レート

 GOWIN YunYuan®EDAはGWI3C IP(Master-Slave-Combined)デザインとユーザーアプリケーションとの統合を完全に自動化します。GWI3C IP(SDRモード)は最大12.5Mbpsのデータレートをサポートします。

 

GW1N-9 FPGA

GW1N-9 IOブロックは、MIPI I3C仕様を満たすように設計された新しい強化されたコンフィギュレーションIO回路を統合しています。これらの強化IO回路は、2バンクの​​GW1N-9 IOブロックにあります。このような強化IO回路を使用する場合、ユーザーはソフトウェアを変更する必要がありません。必要なことは、GOWIN YunYuan®EDAのPNR制約でI3Cモードを有効にすることだけです。

 

GWI3C IP開発ボードとリファレンスデザイン

GWI3C IPに加えて、GOWINはI3Cアプリケーションを開発するための既製のフル機能のI3C開発ボードを顧客に提供します。さらに、I3C開発ボードはスタック可能に設計されており、同じI3Cバスで複数のデバイスと通信可能です。

Self Photos / Files - I3C dev kit

GOWIN I3C ソリューションデモ

 

 

 

ドキュメントをダウンロード
User Guide Gowin I3C SDR IP ユーザーガイド ダウンロード
Release Note Gowin I3C SDR IP リファレンスデザイン リリースノート ダウンロード
User Guide Gowin I3C SDR クイックスタート ダウンロード
Reference Design Gowin I3C SDR リファレンスデザイン
Redesign Gowin I3C SDR IP リファレンスデザイン ダウンロード