お客様のブラウジング体験を最適化するために、当社はCookieを使っています。あなたはこのサイトを閲覧するときのCookieの使用に同意します。
Cookieとあなたの個人情報の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧下さい。
同意します
inner_banner_market
マーケット
オートモーティブ

Gowinは、2018年からオートモーティブグレードのFPGAを製造し始めています。チップのアーキテクチャとモジュールの設計は、オートモーティブグレードの要件に厳密に準拠した設計仕様、ウェーハ鋳造、パッケージング、およびテスト標準を利用しています。Gowinは、TSMCやASEなどの世界クラスのメーカーと提携して、オートモーティブ市場に役立つ製品の品質と信頼性を確保しています。

GowinのAEC-Q100オートモーティブ認定済みデバイスは既に生産されており、ADAS、360度のサラウンドビュー、インフォテインメント、LCDダッシュボードアプリケーション、および電気システムの制御、監視、管理におけるカメラとディスプレイのインターフェースとブリッジングに最適です。これは、Gowin FPGAの多いIO数、柔軟な高速インターフェース機能、および単一チップ内でカスタムシステムを開発して総BOMコストを削減する機能によるものです。

 

Gowinのオートモーティブ認定済みFPGA製品の情報一覧

ユースケース

360度のサラウンドビュー

360度のサラウンドビューソリューションでは、通常4台以上のカメラを使用して、車両のすべての側面を表示できるようにします。

Gowin FPGAを使用して、カメラ画像データをキャプチャおよびマージしたり、360度サラウンドビュー処理を実行したりできます。

 

LCDダッシュボードとインフォテインメント

多くの自動車用ディスプレイはサイズが不規則で、車両の設計に合わせてカスタマイズされています。その結果、これらのディスプレイを駆動するビデオストリームは一意になり、さまざまなインターフェースタイプや特別なバッファリングの使用、またはフレームレートの調整が必要になる場合があります。

 

Gowin FPGAは、ほぼすべてのタイプのディスプレイへのインターフェースに柔軟性を提供するとともに、ビデオストリームを処理して、今日の車両に必要なさまざまな状況に適応させることができます。

 

電気システムの制御、監視、および診断管理

柔軟性と多いIO数、常時オン、高速ブート機能を備えたGowin FPGAは、キャビン内の制御、監視、および車両診断に最適です。

GowinのIP Core Generatorを使用すると、開発者は多くの自動車のユースケースで使用される一般的なIPコアを簡単に統合できます。