お客様のブラウジング体験を最適化するために、当社はCookieを使っています。あなたはこのサイトを閲覧するときのCookieの使用に同意します。
Cookieとあなたの個人情報の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧下さい。
同意します
inner_banner_about
企業情報
最新ニュース
WPG_PR
2022-02-08
GOWIN Semiconductor appoints WPG as pan-European Distributor
hi-speed-usb-logo
2022-01-27
GOWIN Semiconductor USB 2.0 PHY Interface and Device Controller IPs Achieve USB-IF Certification   SAN JOSE, Calif. and GUANGZHOU, China, Jan. 27, 2022 (GLOBE NEWSWIRE) -- GOWIN Semiconductor Corp, the world’s fastest-growing programmable logic company, obtains USB Implementers Forum (USB-IF) certification for its USB 2.0 PHY Interface and Device Controller IPs upon passing compliance testing at Granite River Labs, a USB-IF Authorized Independent Test Lab (ITL).   Earlier last year, GOWIN announced their FPGAs now offer the industry’s first USB 2.0 PHY Interface and complementing USB 2.0 Device Controller IP. GOWIN also announced additional solutions for UVC (Universal Video Class) and UAC (Universal Audio Class) support, a new product line of USB peripheral bridging ASSPs and native OS driver support for a variety of solutions. Additional and expanded solutions are anticipated to be announced over the course of Y2022 showing fast and continuous growth in USB support and capabilities by the company.   GOWIN’s patented USB solutions continue to be designed in to end products, and the USB 1.1 and 2.0 PHY and Device Controller IPs were aggressively tested against the USB 1.1 and 2.0 CTS both by GOWIN and by Granite River Labs (GRL), a USB-IF Authorized Independent Test Lab (ITL). The USB-IF reviewed the compliance test data submitted by GRL and approved certification of GOWIN’s USB 2.0 PHY Interface and Device Controller IPs for Littlebee and Arora FPGA devices, which makes GOWIN the first FPGA company to provide integrated USB 2.0 PHY support and compliance.   “GRL performed USB 2.0 Peripheral Silicon Compliance Testing on GOWIN’s PHY Interface and Device Controller IPs for Littlebee and Arora FPGA products,” said Quintin Anderson, Chief Operating Officer at Granite River Labs. “The products passed the USB-IF Compliance Program’s rigorous test requirements, achieved USB-IF certification, and were added to the Integrator's List in early January 2022.”   “FPGAs in production applications are often more limited in interface connectivity, throughput testing and support than their ability to adequately and efficiently process data. The fully programmable USB interface solutions on GOWIN FPGAs allow product developers to communicate over one of the most common electrical interfaces in the industry,” said Grant Jennings, Senior Director of International Marketing at GOWIN Semiconductor.    “There are still interfaces that FPGAs do not support or that lack compliance. This often results in solutions that do not make it to volume production or have subtle underlying issues in the field. Achieving USB 1.1 and 2.0 certification on our PHY Interface and Device Controller FPGA IPs is a testament to GOWIN’s ability to not only innovate, but support those innovations to production products.”   GOWIN will offer a webinar in Q1Y2022 providing additional information on their FPGAs with USB 2.0 PHY and controller capabilities. It will also cover additional link layer solutions available from GOWIN including UVC (Universal Video Class), UAC (Universal Audio Class), HID (Human Interface Device), USB HSIC (High Speed Inter-Chip), HUB designs and more.For more information about GOWIN, please visit www.gowinsemi.com Copyright 2022 GOWIN Semiconductor Corp. GOWIN, LittleBee®, GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®, Arora®, GW2A/AR®, GOWIN EDA and other designated brands included herein are trademarks of GOWIN Semiconductor Corp. in China and other countries. All other trademarks are the property of their respective owners. For more information, please email info@gowinsemi.com   Media Contact: Scott Casper scott@gowinsemi.com
DCIM
2021-12-16
Gowinのオートモーティブ グレードFPGA、上海汽車集団の2500h耐熱性試験に合格 2021年12月16日、米国カリフォルニア州サンノゼ - GOWINセミコンダクターと上海汽車ギア ワークス(SAGW)は、GOWINのオートモーティブ グレードFPGAが上海汽車集団(SAIC)の2500h耐熱性試験、負荷付き高温低温サイクル耐久性試験、熱衝撃試験、振動衝撃試験、および30,000kmの車両試験に合格したと発表しました。   FPGAは、EV(電気自動車)への注目や、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転(AD)、LIDAR、車載インフォテインメント(IVI)、およびドライバー情報(DI)の劇的な革新により、自動車開発に必要なコンポーネントになりつつあります。   その結果、自動車メーカーは、GowinのAEC-100Qオートモーティブ認定済みデバイスに対して独立した認証試験を実施しています。   Huajing産業研究所によると、世界の自動車用半導体市場は2022年に651億ドルに達すると予想されており、世界の半導体市場のほぼ12%を占め、最も急速に成長している半導体セグメントになっています。FPGAは柔軟性と並列処理機能を提供するため、幅広い用途に、特に自動運転技術の開発に使用できます。  これにより、自動車セグメントにおけるFPGAの市場シェアが大幅に増加し、2025年までに25億ドルを超えると予想されています。   上海汽車ギア ワークスのチーフ エンジニアであるLi Yu氏は、次のように述べています。「GOWINのオートモーティブ グレードFPGAは、耐熱性試験、負荷付き高温低温サイクル耐久性試験、30,000kmの車両試験など、さまざまな上海汽車集団の試験に合格しています。信頼性の高いGOWINのFPGA自動車用チップは、これらのアプリケーションにおける、国内の自動車会社の深刻なチップ不足を大幅に緩和すると同時に、地元のサプライヤーからの迅速な対応と高品質の技術サポートも大きなメリットになります。」   GOWINセミコンダクターの最高技術責任者であるTP Wangは、次のように述べています。「オートモーティブ グレードの0 PPMの故障率に到達する、またはそれに近づくことは非常に困難です。  設計、製造、パッケージング、および試験を含む自動車用チップの品質管理全体において、厳格な業界標準が遵守されています。GOWINは、それに応じてプロセス ノードの選択と設計を計画しました。当社の複数のFPGAはオートモーティブ認証に合格しており、多くの有名な国内外の自動車会社の数十車種で大量に出荷されています。現在、いくつかの認証中のオートモーティブ グレードFPGAがあります。さらに、高度なプロセス ノードに基づくより多くのオートモーティブ グレード チップが2022年に発売される予定です。」   上海汽車ギア ワークス(SAGW)は、上海汽車集団(SAIC)の完全子会社であり、総資産は172億元(約3067億円)、年間売上高は100億元(約1783億円)以上、ギア アセンブリの年間販売台数は350万台を超えています。近年、SAGWは製品戦略の調整を加速し、特に自動変速機システムへの投資を増やしています。そのDCT360は、中国で完全に独立した知的財産権を持つ最初のバッチ生産されたデュアル クラッチの自動変速機です。   中国でドライとウェットの両方のデュアル クラッチ自動変速機システムを備えた唯一のハイテク企業として、SAGWは、SAIC Passenger Cars、SAIC-GM、SAIC Volkswagen、SAIC-GM-Wuling、SAIC Maxus、Dongfeng Nissan、Chery Automobile、BAIC Motor、Hezhong Automobileなどの国内外の新興車両会社や有名な自動車グループのOEMサプライヤーと重要な戦略的パートナーになりました。現在、SAGWは、国内市場で最大の中国の乗用車生産および製造企業の1つであり、国内市場シェアは約15%です。
ISP_pressrelease-01
2021-09-20
GOWINセミコンダクター、教育および愛好家の開発コミュニティを設立   2021年9月20日、米国カリフォルニア州サンノゼ-世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、Magic Jelly Beanという新しいユーザー コミュニティの設立を発表しました。Magic Jelly Beanは、学校や愛好家に、現地で出荷される低コストのサードパーティ開発ボード、その設計例、およびコミュニティ フォーラムを提供することを目的としています。   MagicJellyBean.orgは、GOWINのGW1NS-4C µSoC FPGAを搭載したMiniStar開発キットを現在含むシンプルで使いやすい開発ボードとチュートリアルに関する最新情報を提供します。また、Amazonなどの国内配送ベンダーによる購入サイトへのリンクを提供し、現地配送を非常に簡単にしています。RedditおよびGitHub Discussions上のコミュニティ フォーラムは、学生、メーカー、愛好家がプロジェクト開発を支援するためのディスカッションおよびサポート プラットフォームを提供します。   GOWINセミコンダクターのインターナショナル マーケティング担当シニア ディレクターであるGrant Jenningsは、次のように述べています。「FPGAはCやC ++に似たプログラミング言語を使用しています。ただし、他のほとんどのプログラミング言語と比較すると、アーキテクチャには根本的な違いがあります。記述されたすべてのコードは、順番にではなく同時に実行されます。これにより、コンピューティングの効率と柔軟性が大幅に向上しますが、効果的に活用できるようになるには小さな学習曲線があります。Magic Jelly Beanを使用することにより、エンジニアは、使いやすいツールと設計例を使用して、GOWINデバイスの機能を学習でき、FPGAの開発は簡単になります。」   MagicJellyBean.orgは、ライセンス ファイルを要求することなく簡単にダウンロードおよびインストールできる、教育版のGOWIN EDAおよびGOWIN MCU Designerを提供します。当該設計ソフトウェアはWindowsとLinuxで利用でき、開発者は利用可能な開発ボードでGOWIN FPGAとマイクロプロセッサの両方をプログラムできます。プロジェクト ファイルはgithubで提供され、githubでは、バグ報告、更新、追加の参照プロジェクトの提出、およびMagic Jelly Beanコミュニティ自体に関連するコミュニケーションが可能になっています。   MagicJellyBean.orgは、GOWINの革新的なFPGA製品を紹介する独立したサイトです。  GOWINの現在および将来のお客様は、Mouser (https://www.mouser.com/manufacturer/gowin/product-line/)、Edge Electronics(www.edgeelectronics.com)、Rutronik (www.rutronik.com)などの既存の販売パートナーを通じて生産ニーズを引き続き満たすことができます。ワールドクラスのアプリケーションおよび販売サポートは、Webサイトwww.gowinsemi.comから、または地域の営業担当者に直接連絡することで、いつでも利用できます。   GOWINのインターナショナル セールス担当バイス プレジデントであるMike Furnivalは、次のように述べています。 「教育および愛好家ユーザーをサポートするためにAmazonストアの機能を追加することは、自然な進歩であり、既存の定着した販売パートナー システムを補完する優れたものです。世界的な半導体供給が困難な時代にあって、小規模ではあるが重要な将来の潜在的な顧客を大切にすることは、私たちの業界の発展にとって依然として非常に重要です。これらの初期のエンティティは、発展するにつれて、将来販売代理店の顧客になるので、すべての関係者にとってメリットのある状況です。」   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、世界中に販売およびR&D拠点を持つGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。   ©2021 GOWIN Semiconductor Corp.。 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。
ISP_pressrelease_blue icon-02-02-02
2021-07-20
GOWINセミコンダクター、ISP(Image Signal Processor)IPコアとソリューションを発表   2021年7月20日、中国広州と米国カリフォルニア州サンノゼ -- 世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、GOWIN FPGA用のISP(Image Signal Processor)IPポートフォリオとリファレンス デザインを発表しました。GOWIN ISP IPは、イメージ センサーからピクセル データを取得し、CFA(Color Filter Array/Debayer)、CCM(Color Correction Array)、ガンマ補正、AE(Auto Exposure)、およびAWB(Auto White Balance)を介して調整して色と明るさのバランスが取れた鮮明な画像を提供します。   GOWIN ISP IPポートフォリオにより、カメラとデバイスのメーカーは、バランスの取れた高品質の画像を備えた手頃な価格のカメラ製品を製造できるようになります。イメージング プロジェクトでは、SoC(System on Chip)の固定機能ISPコアの代わりに、FPGAを使用してストリーミング データ レートでイメージング データを処理することがよくあります。  その結果、GOWINのISP IPコア ポートフォリオは、ビデオ インターフェース、スカラー、メモリ コントローラIPと組み合わせて、アプリケーションと製品のニーズに合わせて特別に調整されたなプログラム可能SoCソリューションを作成できます。   GOWINは、ISP IPコアをGOWIN IP Core Generatorで個別に提供します。  また、画像処理パイプラインを完成させるために、より大きなリファレンス デザインの一部として統合された事前生成済みIPコアを提供します。  さらに、リファレンス デザインには、画像処理パイプラインをリアルタイムで制御するためのARM Cortex-Mプロセッサも含まれています。   GOWINセミコンダクターのソリューション開発ディレクターであるThomas Chengは次のように述べています。「GOWIN ISPは、組み込みソフト プロセッサを介して構成およびプログラミングできます。これにより、ユーザーは特定のアプリケーション シナリオに合わせて機能を簡単にカスタマイズし、ISPパフォーマンスを調整できるようになり、より良い視覚品質またはより高い認識精度を実現できます。これは、開発とチューニングの時間を大幅に短縮できると思います。」   この新しいGOWIN ISP IPは、8ビット/10ビットの画像データをサポートし、さまざまなイメージセンサーと解像度に合わせて調整可能なレジスタ マップを提供します。キャリブレーション係数は、MCUによってロードするか、ビットストリームによって初期化することができます。パイプライン内のIPモジュールをインターセプトできるため、ユーザーは必要に応じて独自のカスタム イメージング ブロックを追加できます。   GOWINセミコンダクターは、数年前から革新的な新しいFPGA製品への道を開いてきました。今回のISP IPポートフォリオとリファレンス デザインのリリースは、この成功の最新の証です。GOWIN ISPリファレンス デザインは、表示または認識の目的で、画質が向上したRGBストリームをリファレンス デザイン出力します。これは多くのイメージング製品に必要です。   インターナショナル セールス担当バイス プレジデントであるMike Furnivalは次のように述べています。「GOWINのISPソリューションのこの最新リリースは、手頃な価格の低消費電力ソリューションの限界を押し上げ続けています。GOWINは、業界で最も低コストで最高の可用性をサポートし続けながら、最も革新的で創造的なソリューションのいくつかを提供することに尽力していることを誇りに思います。」   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。   ©2021 GOWIN Semiconductor Corp.。 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。   メディア連絡者: Scott Casper scott@gowinsemi.com 408-646-2118  
WXWorkCapture_16246015522171
2021-06-29
GOWINセミコンダクター、USBペリフェラルブリッジを備えたGoBridge™ ASSP製品ラインナップを発表   2021年6月29日、中国広州と米国カリフォルニア州サンノゼ-世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、GWU2XおよびGWU2U USBインターフェース ブリッジング デバイスのリリースとともにGoBridge ASSP製品ラインを発表しました。GWU2X ASSPは、USB(ユニバーサル シリアル バス)をSPI、JTAG、I2C、GPIOを含む4つの周辺機器インターフェースに変換し、GWU2U ASSPはUSBデバイスをUARTに変換します。GOWINのGoBridge ASSP製品ラインは、幅広いコンシューマ、オートモーティブ、インダストリアル、および通信市場での一般的なインターフェース ブリッジングの問題を簡素化します。   GWU2XおよびGWU2U ASSPは、新しい最終製品の通信とコンフィギュレーションを提供するのに理想的な最先端の半導体技術を活用しています。また、既存または次世代の最終製品の寿命末期および限られたソースの半導体デバイスを置き換えるのにも適しています。GOWINは、プログラム可能性が不要な場合に固定機能デバイスを提供することにより、開発の労力を最小限に抑えることを目指しています。これにより、ソリューションの市場投入までの時間が短縮され、同様の機能を備えた既存のASICおよびASSPに加えて、追加のソーシング オプションが提供されます。   GOWINセミコンダクターのインターナショナル マーケティング ディレクターであるGrant Jenningsは、次のように述べています。「ほとんどすべてのFPGAおよびMCU開発ボードは、プログラミングとデバッグにUSB to JTAGまたはUSB to UARTチップを使用していますが、ASSPはほとんど使用されていません。その結果、開発ボードやプログラミング ケーブルだけでなく、多くの電子最終製品の通信ポートやコンフィギュレーション ポートのデバイス コストが高くなることがよくあります。GWU2XおよびGWU2Uは、FPGAおよびMCUのお客様向けに、幅広いブリッジング ベンダー オプションおよびシングル ソース ソリューション ポートフォリオを可能にします。」   この新しいGOWIN GoBridge ASSPは、3.3V、2.5V、または1.8Vを含む複数の電圧レベルをサポートします。GWU2XとGWU2Uはどちらも工場で構成されているため、ファームウェアをロードする必要がありません。   GOWINセミコンダクターのセールス ディレクターであるScott Casperは、次のように述べています。「コストとプログラミング時間を節約する低電力のASSPソリューションを最初に提供できることを嬉しく思います。FPGAデザイン エンジニアと組み込みシステム アーキテクトは、外部プログラミングなしで、GOWINの完全に組み込まれたUSBプロトコル処理により、このASSPブリッジングソリューションを多くのアプリケーションで簡単に使用できるようになりました。」   GOWINセミコンダクターは、数年前から革新的な新しいFPGA製品への道を開いてきました。そのASSPインターフェース ソリューションのリリースは、この成功の最新の証です。GWU2UおよびGWU2Xは、複数のオペレーティング システムをサポートし、FPGAプログラミング用のGOWIN EDAと互換性があります。また、USBインターフェース プログラムを作成するためのC/C ++ベースのAPIも提供します。GOWINは、より柔軟なUSB関連ソリューションを開発したいFPGAユーザー向けにUSB 1.1およびUSB 2.0 PHYとデバイス コントローラIPも提供しています。   インターナショナル セールス担当バイス プレジデントであるMike Furnivalは次のように述べています。「GOWINのASSPソリューションのこの最新リリースは、USBブリッジ ソリューションの顧客に付加価値を提供し続けます。GOWINは、業界で最も低コストで最高の可用性をサポートし続けながら、最も革新的で創造的なソリューションのいくつかを提供することに尽力していることを誇りに思います。」   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。   ©2021 GOWIN Semiconductor Corp.。 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。
2021-06-25
GOWINセミコンダクター、CCMCリストから削除、訴訟を撤回 2021年6月25日、中国広州と米国カリフォルニア州サンノゼ--世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、同社が米国国防総省の共産主義中国軍事企業(CCMC)リストから削除されたことを発表しました。   2021年5月、GOWINは、2021年1月14日のCCMCとしての指定に異議を申し立てるために訴訟を起こし、指定が誤って行われたと主張しました。その訴訟の結果、GOWINは、米国政府の不適切な指定が中国の軍隊または政府に関連する事実に基づいたものではないことを知り、2021年6月3日、バイデン大統領はその指定の削除を指示する新しい大統領命令に署名しました。   2014年に設立されたGOWINは、コンシューマ、インダストリアル、通信、オートモーティブ、および医療市場向けの半導体デバイスの設計と製造を行ってきました。世界中にオフィスとR&Dを持つGOWINは、プログラマブル ロジック デバイスの主要なトップ ティア パートナーとしての地位を確立しています。 GOWINは、新しく挑戦的な市場に最適な半導体ソリューションの革新、最適化、開発に取り組んでいます。
USB-01
2021-05-14
GOWINセミコンダクター、自社FPGA用のUSB 2.0 PHYおよびDevice Controller IPをリリース   2021年5月17日、中国広州と米国カリフォルニア州サンノゼ--世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、USB 2.0インターフェース リューションのリリースを発表しました。これにより、GOWIN FPGA設計者は追加のシリコン デバイスなしでUSB 2.0接続を簡単に統合できます。GOWINのソリューションは、USB接続のサポートを、コンシューマ、オートモーティブ、インダストリアル、および通信アプリケーションに幅広く拡張します。   バークシャー ハサウェイのビジネスワイヤによると、USBデバイスの市場は300億米ドルを超えるまでに成長しており、USBは世界で最も広く使用されている電気インターフェース規格の1つとなっています。FPGAは、高速IOインターフェースの柔軟性と、算術論理要素を使用してデータをパイプライン処理する機能で知られています。ただし、これまでのFPGA企業は、データ レート、クロック リカバリ、およびIO要件のために、FPGAをUSB2.0に直接コスト効率よくインターフェースさせることができませんでした。その結果、製品メーカーは、USB 2.0のサポートを提供するために、カスタムASIC、機能が制限されたマイクロコントローラー、または高価なSoCに制限されてきました。   GOWINセミコンダクターのインターナショナル マーケティング ディレクターであるGrant Jenningsは、次のように述べています。「FPGA製品にデータを簡単に出し入れすることは、お客様が直面する最も重要なアーキテクチャ上の考慮事項の1つです。当社のFPGAデバイスに組み込まれたUSB 2.0サポートは、新製品の革新を可能にするだけでなく、BOMコスト削減、マルチコンポーネント統合、および保守終了コンポーネントの交換のための安定したパスを提供する重要なステップです。」   GOWINの新しいUSB 2.0インターフェース ソリューションは、以前はUSB HS(高速)480Mbpsデータ レートを達成するために必要であった外部PHYの必要性を排除しています。これは、JTAG、SPI、I2Sなどの他の周辺機器へのブリッジング、MIPI CSI-2カメラおよびDSIディスプレイとの通信、USBハブ、データ トラフィック モニターとレコーダー、Bluetooth LE、およびセキュリティ ドングルの開発など、人気のあるアプリケーションに適用できます。   GOWINセミコンダクターは、数年前から革新的な新しいFPGA製品への道を開いてきました。そのUSB 2.0インターフェース ソリューションのリリースは、この成功の最新の証です。このソリューションには、USB v2.0 soft PHYとUSB v2.0 Device Controller IPが含まれています。これらはGOWINのEDAソフトウェアのIP Core Generatorに含まれています。USB 2.0 IPは、すべてのGOWIN FPGA製品で無料で利用できます。リファレンス デザインと開発ボードも提供されており、リファレンス デザインではUSB 2.0 IPコアとUSB 2.0 to UARTのブリッジングの例がインスタンス化されています。これらのIPコアはほぼすべてのGOWIN FPGAをサポートし、USB 2.0仕様に従って高速モードで480Mbpsのライン レートを提供します。   インターナショナル セールス担当バイス プレジデントであるMike Furnivalは次のように述べています。「GOWINのソフトUSB2.0 PHYのこの最新リリースは、低集積度および中集積度のFPGAスペースの顧客に付加価値を提供し続けます。GOWINは、業界で最も低コストで最高の可用性をサポートし続けながら、最も革新的で創造的なソリューションのいくつかを提供することに尽力していることを誇りに思います。」   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。   ©2021 GOWIN Semiconductor Corp.。 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。
Embedded World 2021
2021-02-26
GOWINセミコンダクター、Embedded World 2021 DIGITALに参加   2021年2月26日、中国広州と英国ロンドン 世界的にも急速に成長しているプログラマブル ロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、3月1日から5日にEmbedded World 2021 DIGITALに参加することを発表しました。2020年2月の大成功を収めた初めての参加に続き、GOWINは、Embedded World 2021 DIGITALの高度に開発されたデジタル プラットフォームを活用している業界参加者とともに、組み込み市場に最新の製品とソリューションを紹介します。 ドイツで毎年開催されているEmbedded Worldは、すべての組み込みソリューションと技術に関するヨーロッパの主要トレードショーです。今年は、個人対個人のイベントを主催できませんが、ニュルンベルク メッセの主催者が行うことは、業界に貴重な貢献をし、ベンダー、パートナー、顧客にとって絶好の機会だと私たちが信じています。さらに、仮想イベントとして、このショーは世界中の視聴者に開かれ、世界中の関心のある参加者がこの世界クラスのイベントの恩恵を受けることができます。   今年、GOWINは、エッジ推論のための世界クラスのGoAI 2.0機械学習ソリューションの最新開発に加えて、FOCモーター制御、MIPI、USB、ワイヤレス/Bluetooth接続、ARMベースのソリューション、オートモーティブなどに関する高度なFPGAソリューションを紹介および展示します。これらのソリューションは、GOWINの高度に統合された、最低消費電力、最低コストのFPGAデバイスに基づいています。さらに、同時開催のEmbedded World会議で、GOWINセミコンダクターのインターナショナル マーケティング ディレクターであるGrant Jenningsが、3月4日木曜日13:30(中央ヨーロッパ時間)に「組み込みuSoC FPGAを使用したエッジでの機械学習を使用した人工知能の開発」に関するスピーチをします。   GOWINセミコンダクターのセールス ディレクター兼ゼネラル マネジャーであるMike Furnivalは、次のように述べています。「世界的なコロナ ウィルス大流行は深刻ですが、このエキサイティングなEmbedded World21に参加できることを非常に嬉しく思います。差別化されたFPGAソリューションの提供に関して過去1年間に進歩し続けてきたGOWINは、低中集積度のFPGAデバイスの最低コストのプロバイダーであり、現在では高度なソリューションを提供する、最も革新的なプロバイダーの1つであり、お客様とパートナーに大きな価値をもたらします。」   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル ロジック デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータル コストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル ロジック デバイス、デザイン ソフトウェア、IPコア、リファレンス デザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   ©2021 GOWIN Semiconductor Corp.。 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。