お客様のブラウジング体験を最適化するために、当社はCookieを使っています。あなたはこのサイトを閲覧するときのCookieの使用に同意します。
Cookieとあなたの個人情報の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご覧下さい。
同意します
企業情報

2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGowinセミコンダクターは、当社のプログラマブル・ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル・ロジック・デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータルコストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル・ロジック・デバイス、デザインソフトウェア、IPコア、リファレンスデザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。

もっと見る
マーケット
commun
通信
未来に接続。Gbpsイーサネットから5Gまで、GOWINは通信機器メーカーの製品化までの時間の要求を満たし、総所有コストを削減するために、低消費電力、高速インタフェース、および省スペースのFPGAの全製品ポートフォリオを提供します。
industry
インダストリアル
スマートで、コネクテッド、そしてグリーン!インダストリー4.0では、マシンはインテリジェントで、コネクテッドで、そして省エネである必要があります。当社の低消費電力、エンべデッドDDR / SDRAMおよび高性能DSPなどの特徴を備えたGOWIN FPGAは...
auto
オートモーティブ
インテリジェント、コネクテッド、そしてセーフ!スマートで安全な運転は今日のオートモーティブ市場の動向であり、高度運転支援システム(ADAS)はより多くの車内で接続されるセンサーを必要とします。小さいフォームファクタで高いIOカウントを提供するGOWIN FPGAは...
consumer
コンシューマ
Accelerate your Innovation!製品の差別化と製品化までの時間は、今日の競争の非常に激しいコンシューマ市場における重要な成功要因です。当社の既製IPソリューションを備えたGOWINの低コスト、高性能FPGAは、これらの要件に対する答えです。当社の...
medical
医療
ビジュアル、ポータブル、そして信頼できる!医療機器や医療システムでは、MEMSやセンサー技術の発展とともに、半導体の含有量が増え続けています。画像センサのより高い解像度は...
cloud
クラウドコンピューティングとデータセンター
高性能とプログラマビリティ!新興のクラウドコンピューティング技術は、データセンター内のコンピューティングおよびストレージデバイスの高性能およびプログラマビリティを継続的に推進しています。それに対して...
もっと見る
ニュース
Ubuntu Support 20200218
2020-02-15
GOWINセミコンダクターが人工知能とIoTの開発ツールチェーンの統合の改善のためにGOWIN EDAソフトウェアにUbuntuへのサポートを追加
  2020年2月19日、カリフォルニア州サンノゼおよび中国広州--世界的にも急速に成長しているプログラマブルロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、Ubuntu OSでのGOWIN EDA FPGA開発ソフトウェアのサポートを発表し、開発者が単一の環境で人工知能とIoT接続の開発を実現できるようにしました。   WindowsおよびRed Hatでの開発を長い期間サポートし続けてきた従来のFPGAは、通常Ubuntuなどの他のLinuxディストリビューションをサポートしていませんでした。 成熟し、人工知能ソリューション開発で最も一般的にサポートされるOSであるUbuntuへのサポートの欠如は、開発の妨げになります。 Ubuntuは、オープンソースのサポートとスクリプト機能を備えているため、Caffe、Tensorflow、Kerasなどのニューラルネットワーク・モデル開発ソフトウェアに最適なOSです。 よって、UbuntuにGOWINのFPGA EDAを搭載することにより、開発者はFPGA合成、配置配線、ビットストリーム生成をAI設計とスクリプトワークフローにシームレスに統合できます。   GOWINセミコンダクターのインターナショナルマーケティング・ディレクターであるGrant Jenningsは次のように述べています。「従来のFPGAでエッジ推論ソリューションを開発する場合、AI開発者は複数のOSを使用する必要があります。 Ubuntu OSのサポートにより、AI開発者はFPGAデザインフローを自動化できるようになりました。 現在のモデリングスクリプトを更新することにより、トレーニング済みネットワークのFPGAビットストリームをネイティブに生成して それを自動的にロードし、ハードウェアプラットフォーム自体でテストを実行することができます。 その結果、Ubuntuへのサポートは、これから開発サイクルの短縮と、エッジで展開されるニューラルネットワークのより厳密なテストを可能にできます。」   IoTおよびフルスタックウェブ開発コミュニティも、近年、接続されたエッジデバイスをサポートするためにUbuntuを利用するようになりました。 したがって、GOWIN EDAは、FPGA開発およびデプロイメントの更新の統合を可能にしています。 この統合により、エッジで接続されたFPGAとサーバーまたはブローカーで実行されているソフトウェアの間のビルド管理が改善されます。   GOWINセミコンダクターのソフトウェアディレクターであるJianhua Liu博士は、次のように述べています。「従来のRTLコンパイルフローへのサポートに加えて、GOWINは先駆的なテクノロジーをサポートするツールチェーンを開発しています。自動開発とテストのためにスクリプト化できる複数のソフトウェアツールをサポートする単一の環境を提供することは、IoTとサーバーの分野で重要になっています。 現在、開発者はFPGA合成をエッジIoTアプリケーションのデプロイメントおよびテストに統合することで、現場のデバイスとそれを制御または監視するサーバーとの間のギャップを埋めることができます。」   GOWINは、Ubuntu OSの更新されたインストール手順を提供するほか、これからはGOWIN GoAI人工知能開発フローを含む多くの将来のリファレンスデザインおよび開発ボードにUbuntu向けスクリプトをさらに提供します。   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル・ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル・ロジック・デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータルコストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル・ロジック・デバイス、デザインソフトウェア、IPコア、リファレンスデザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。 ©2020 GOWIN Semiconductor Corp.。GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。   メディア連絡者: Stanley Tse stanley@gowinsemi.com
もっと見る
Embeddworld 2020
2020-02-12
GOWINセミコンダクターがEmbedded World 2020に参加
  2020年2月20日、中国広州--世界的にも急速に成長しているプログラマブルロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、2月25〜27日にドイツのニュルンベルクでEmbedded World 2020に参加します。Embedded Worldに独自のスタンド(ホール4Aスタンド362)を設置し、最新のFPGAテクノロジーをヨーロッパ市場に展示・実証するのはGOWINにとって初めてとなります。さらに、GOWINセミコンダクターのインターナショナルマーケティング・ディレクターであるGrant Jenningsは2つの基調講演を行います。   2月26日、17:00-17:30、「プログラマブル・デバイスを介したインターフェース適応の改善方法」 2月27日、13:30-14:00「IoTエッジでのデータ・セキュリティのためのuSoC FPGAの使用方法」   ドイツで毎年開催されているEmbedded Worldは、すべての組み込みソリューションと技術に関するヨーロッパの主要トレードショーです。世界最大の見本市のひとつとして、1000社を超える出展者を擁し、IoTおよび関連市場向けの最先端の組込み技術に専念しています。 今年、GOWINはIoTアプリケーションに最適な世界初のBluetooth対応FPGAである GW1NRFデバイスとモジュール、Edge AI推論用のGoAI機械学習ソリューション、Intrinsic IDの非常に高度で強力なBroadKeyソフトウェアスタックを実装したGW1NSE SecureFPGAデバイスなど、最先端のFPGAソリューションを展示・実証します。     GOWINセミコンダクターのセールスディレクター兼ゼネラルマネジャーであるMike Furnivalは、次のように述べています。 「初めてEmbedded Worldで独自のスタンドで出展することを非常に誇りに思っています。これは、FPGAソリューションの差別化において過去1年間に達成した進歩を示しています。当社は低コストの低・中集積度FPGAデバイスを提供し続ける一方、高度なソリューションに関しては、現在、市場で最も革新的な企業の1つとして、お客様とパートナーに大きな価値を付加しています   IoTとエッジコンピューティングは引き続きEmbedded World 2020で最もホットなトピックであるため、GOWINのスタンドはショー中に最も訪問されるスタンドの1つになると予想しています。このような革新的なソリューションと、ARMプロセッサと高速オンボード擬似SRAMを備えた低コストのLittlebeeおよびArora FPGAファミリーを提供するGOWINセミコンダクターは、大いに活躍できるのでしょう。GOWINセミコンダクターは、興味のある顧客とパートナーがホール4Aスタンド362の弊社のブースにお越しくださるのを楽しみにしています。     GOWINセミコンダクターについて   2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル・ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル・ロジック・デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータルコストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル・ロジック・デバイス、デザインソフトウェア、IPコア、リファレンスデザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。   GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。 ©2020 GOWIN Semiconductor Corp.。 GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。
もっと見る
GW1NZ (20200106)
2020-01-02
GOWINセミコンダクターがトップレベルの常時オン低消費電力FPGAであるGW1NZ-ZVデバイスをリリース
  2020年1月6日、カリフォルニア州サンノゼと中国の広州--世界的にも急速に成長しているプログラマブルロジック企業であるGOWINセミコンダクターは、競合品であるフラッシュベースのFPGAより静的電力消費が50%低いGW1NZ-ZV FPGA(28μW未満)の量産を発表しました 。   低電力FPGAは、システム内のIOと周辺機器の常時オンおよび常時監視を必要とするアプリケーション向けに、多くのマイクロコントローラよりも明確な利点があります。  これは、監視機能を実装するために、マイクロコントローラはプロセッサ全体を常にクロック制御する必要があるためです。  プロセッサの速度を変更して消費電力を抑えることができますが、アクティブな電力消費はしばしばかなりの量になります。  それに対して、FPGAの動的消費電力は、使用されるロジックエレメントの数と、データの移行およびクロックレートに基づいています。  FPGAの静的電力が低い場合、FPGAは、IOおよびインターフェースの監視に使用されるロジックエレメントのごく一部でのみ動的電力を消費すると同時に、他のロジックエレメントは動作しないように最適化できます。   現在量産中のGOWINの超低消費電力のフラッシュベースGW1NZ-ZVデバイスは、これまでで最も消費電力の低いFPGAです。  0.9Vのコア電圧により、GW1NZ-ZVは28uW未満の静的消費電力を提供します。  その結果、GW1NZ-ZV FPGAは、競合品であるフラッシュベースのFPGAデバイスと比較して、静的消費電力が2.4倍以上低くなっています。  また、1V未満の低いコア電圧は、動的消費電力と全体の総消費電力を大幅に削減できます。   FPGAは、システムの残りの部分をスタンバイ状態にしたまま、非常に低い消費電力でデータを継続的に監視できるため、モバイル、エッジ、およびIoTにおける常時オンのアプリケーションを大いに促進します。  FPGAを使用して周辺機器のアクティビティを監視するには、多くの場合、ごく一部のロジックエレメントしか必要ありません。  FPGAは、追加のFPGAリソースを動的に調整したり、またはシステム内の他のコンポーネントをウェイクアップする、FPGAデザイン自体および製品の電源管理ユニットとして使用できます。   GOWINセミコンダクターについて 2014年に設立され、主要なR&Dを中国本社に置くGOWINセミコンダクターは、当社のプログラマブル・ソリューションで世界的に顧客のイノベーションを加速するビジョンを持っています。当社は、プログラマブル・ロジック・デバイスで製品の最適化と利便性を実現することに焦点を当てます。当社の技術と品質へのこだわりにより、顧客はFPGAを量産ボードに使用することでトータルコストを削減できます。当社の製品には、プログラマブル・ロジック・デバイス、デザインソフトウェア、IPコア、リファレンスデザイン、および開発キットの幅広いポートフォリオが含まれています。当社はコンシューマ、インダストリアル、通信、医療、そしてオートモーティブ市場で世界中の顧客にサービスを提供することを目指しています。 GOWINの詳細については、www.gowinsemi.comをご覧ください。 ©2020 GOWIN Semiconductor Corp.。  GOWIN、LittleBee®、GW1N/NR/NS/1NSR/1NZ®、Arora®、GW2A /AR®、GOWIN EDA、およびその他のここに含まれる指定ブランドは、GOWINセミコンダクターの中国およびその他の国における商標です。その他すべての商標はそれぞれの所有者の財産です。詳細については、info@gowinsemi.comにメールしてください。   メディア連絡者: Stanley Tse Stanley@gowinsemi.com
もっと見る